· 

生徒の声は、誰よりも力強い

ジャイアント・シーソー

 

4m×2mの大きな板 これがシーソーになっています。

 

みんなで乗り、息を合わせて、バランスをとるという活動です。

 

 

始める前に、怪我が起きないように、乗り方を説明します。

 

50キロ×30人=1.5トン もしシーソーに挟まれば大怪我です。

 

 

ところが、やっぱり守ることができない。

 

活動中に飛び降り、飛び乗ってみたり、ジャンプをしてみたり

 

バランスをわざと崩すことを楽しみます。

 

これで中学2年生。

 

 

とりあえず、10秒だけバランスをとることを目標とします。

 

それでも、活動に集中できません。

 

 

「今から、3分間で達成してください!」と時間を縛る。

 

 

少しまともに活動できるようになりはじめる。

 

すると男子1名が興奮を抑えられないまま、飛び跳ねる。

 

あげくに、床に寝転んでしまう。

 

 

すると、ひとりの女子がひと言

 

 

「あんたが寝転んでいるから、バランスが取れないんだよ」

 

 

その途端、寝転んだ男子は立ち上がり、活動を再開しました。

 

そして、そのまま、10秒を達成して終了となりました。

 

 

 

この女子生徒 不登校気味で、今日参加できたことがえらい、

 

もしかしたら、親が迎えに来るかもしれませんと言われた生徒です。

 

 

 

一方の男子は、感情をコントロールできず落ち着きがありません。

 

興奮すると、その場で踊りだしたり、言いたい放題な生徒です。

 

私が叱ったり注意したところで、伝わらないし変わらないでしょう。

 

 

 

ところが、女子生徒のひと言でパッと立ち上がったのです。

 

 

 

FTよりも、学級の仲間からのひと言の方が、強力なのです。

 

 

子どもは、仲間との関わりの中で成長していきます。

 

まさに、その瞬間でした。