· 

自分自身と向き合う

今日は、ハイエレメントに挑戦です。

 

クラスの全員がパンパ―ポールに挑戦します。

 

高さ8mほどの丸太の電信柱。

 

下から登り、直径30cmの丸太先端に立ち上がります。

 

そして、目の前にある空中ブランコに、ジャンプして飛びつく。

 

およそ2階建て住宅の屋根の高さと同じぐらいです。

 

 

 

もちろん、ハーネスと命綱は付けていますので、落下の心配はありません。

 

ただし、ハーネスの取付・命綱の保持は生徒が行います。

 

 

なぜ、こんなことをするのか?

 

それは、自分自身に向き合うためです

 

 

 どんなガキ大将でも、丸太の上では一人ぼっちです。

 

先端付近までは、トントン拍子で登りますが、ここからが大変です。

 

足の震えが丸太に伝わり、丸太が揺れ始めます。

 

 

とても先端に足を乗せられないまま、10分。

 

やっと足の震えが止まり、ここからさらに決断までに10分。

 

「がんばれ 〇〇なら、できるよ!」

 

『こわい・・ 無理だよ  怖いよ!』

 

「そこまで行ったら、ジャンプしないと降りてこれないよ」

 

「いつまでも、そこにいられないでしょ がんばって!」

 

 

最後には、どの生徒もジャンプして降りてくるのですが

 

丸太の上では、恐怖心と必死に戦っています。

 

 

怖さが先立ち、周りの応援の声に答える余裕がない

 

それでも仲間は必死に応援して、耳に声を届けます。

 

仲間の指示通りに、持ち手を変え、足の置き場所をずらし

 

両足で先端に立ちます。

 

 

ジャンプして降りてくと、怖さから解放されて泣き出す子もいます。

 

泣いている子に寄り添い、ハーネスを外してあげる仲間達

 

 

自分自身に向き合った挑戦を、仲間が支えていたのです。

 

仲間に支えられている自分を実感する瞬間です。