· 

やっぱり、見守ることは苦しい

子どもが学校の中で問題を起こす。

 

1度目なら、何とか冷静に許すことができます。

 

では、もう1度起こしたら、耐えられますか?

 

私は、耐えられなかったですね。

 

涙を流しながら、怒鳴ったし、思わず叩いてしまいました。

 

一叩いてしまうと、怒るたびに叩きたくなる衝動に襲われます。

 

 

だから、叩くことはいけないんです。

 

叩くことで、親の気持ちが一時的に救われます。

 

だから、次も叩くことで救われたいと思うのでしょう。

 

叩くのは、しつけ? 違います。調教です。

 

 

この苦しみから救ってくれたのが、校長先生からの言葉でした。

 

 

「子どもを怒鳴り、叩くと、家に戻ってこなくなりますよ」

 

 

ハッと気づかされました。 そうだよな、そうだよ。

 

 

親の言葉は、子ども達にとって、とても強い力を持っています。

 

親に生活のすべてを面倒見てもらっているのです。

 

「出ていけ!」と言われても、どうしていいかわからないのです。

 

 

怒鳴られることから逃げるためなら、ウソもつきます。

 

家では、お利口さんの振りもします。

 

 

子育てとは、子どもを世の中に送り出すことです。

 

思いやりの心で、世の中に貢献できるように送り出すことです。

 

 

見守ることは、子どもの非を引き受けることです。

 

これはとても苦しいことです。

 

PTAや保護者会に行くのも、怖くて不安になるもです。

 

それでも、見守り続けないとだめなのです。

 

母親には、とても苦しい修行です。

 

 

おとうさん あなたは子どもを見守っていますか?