· 

ビーイングボード

ビーイングボードに記入するものは、2種類です。

 

1 今、自分が感じている気持ち

2 幸せな気持ちになるために必要な行動

 

この2つのポジティブとネガティブに分けて、書き込みます。

 

ポジティブなことは、手形の内側のスペースに書き込みます。

 ネガティブなことは、手形の外側のスペースに書き込みます。

 

ビーイングには、ネガティブな気持ち・行動も書くことが大切です。

 

 

本気になって活動すればするほど、対立は大きくなります。

口喧嘩もでるし、暴言も乱暴な行動も出てしまうものです。

でもグランドルールを守った結果として生じた問題ですから、セーフです。

 

対立の原因は、個性です。

だから対立は当たり前で、私たちは対立を力に変えていきます。

活動の目標は同じだけど、やり方や意見がバラバラだから対立しているだけです。

 

個性はそのままに、同じ目標のために折り合いを付けながら、前に進みます。

自分の持っている個性をどう生かして、チームに貢献することができるか?

そのヒントを書き留めてあるのが、ビーイングです。

 

 

 

ビーイングで大切したいことが3つあります。

 

  1. 喧嘩した理由ではなく、その前に湧いてきた感情を思い出すこと
  2. なぜ、そのような感情が湧いてきたのか、考えてみる
  3. 今のネガティブな気持ちをポジティブに変える行動を考えてみる。

 

ネガティブは、『理想の学級づくり』を考える時の糸口です。