· 

勇気づけるということ

 

勇気づけるとは、感謝することです。

 

『ありがとう』は魔法の言葉です。

相手から感謝されると、もう一度がんばろうと活力が湧いてくるものです。

 

感謝に似ているのが、褒めるです。

感謝は、対等な関係で上下関係ではなく、横並びの関係です。

褒めるは、上下の関係で、上から下に向かっていう言葉です。

 

その違いをまとめるとこうなります。

感謝とは、相手が誰であろうと、その行為自体に共感した時に、心のから出る言葉です。感謝されると人は責任感と自己肯定感を育み、明日への気力とつながります。

 

褒めるとは、自分の期待通りの成果が出た時に、成果を出した本人に向けられた褒美です。褒美をあげると、目的がすり替わり、欲に縛られ、その場限りの意欲しか湧いてきません。

 

あるユダヤ商人の話

 

あるスラム街で、ユダヤ人がお店を開きました。

すると、スラム街の悪ガキ達がやって来て、はやしたてます。

『や~い や~い ユダヤ人~!!』

 

すると店主が出てきて こう言いました。

「君たち、来てくれてありがとう。100円あげるから明日も来ておくれ!」

『バカじゃないの、100円くれて、明日も来てくれだってさ!』

 

次の日も悪ガキ達はやって来て、はやし立てます。

「やあ、君たちよく来たね! 今日は50円あげるよ、明日も来ておくれ」

『バカじゃない? 明日も来てやるよ』

 

次の日も悪ガキ達はやって来て、はやしたてます。

「やあ、君たちよく来たね! 今日は10円あげるから明日も来ておくれ」

すると悪ガキ達は、こういいました。

 

『10円ぽっちで来るわけないだろう、もう来ないよ!』

 

はやしたてるという悪い行動も、褒美をあげると目的がすり替わります。

 

100点取ったら、1000円あげる。

まさに褒美で釣っていますが、どう変えるのがいいのでしょうか?

 

まずは子どもに、『100点取って、どんな気持ち?』と聞いてあげましょう。

「すごくうれしい!」

『そう、よかったね、そんな喜んでいるのが見れて、ママもうれしいよ ありがとう』

こんな感じで、一緒に喜んでもらえると、子どもは勇気づけられます。

 

簡単だけど、難しいですけどね。