· 

相手を思いやる力

1つのゲームが終わると、ふり返りがあります。

 

ふり返りで注意しているのが、気持ちを聴くことです。

 

「今、どんな気持ちですか?」

 

と私が質問すると、男性はこのように答えました。

 

『もっと、ポジティブに考えないといけないと思いました。』

 

この答えは、今、彼が頭で考えていたことで、気持ちではありません。

あらためて気持ちを探ってみれば、こんな感じですか?

 

『思い通りいかなくて、イライラして、失敗する度にガッカリしました」

 

イライラもガッカリも、ネガティブな感情です。

彼はネガティブ感情を封じ込めて、ポジティブ思考に切り替えていました。

ネガティブな感情にも、しっかりと向き合うことはとても大切なことです。

 

ネガティブな感情は悪いことではありません。

ネガティブを心に封じ込めていると、ネガティブに向き合えなくなります。

すると他人のネガティブな感情にも向き合えなくなります。

 

男性は成果を求める習性なので、ポジティブな感情を理想とします。

だからネガティブ思考を封じ込め、ポジティブ思考にパッと切り替えます。

 

女性は感情豊かなので、ネガティブ思考をそのまま愚痴ることができます。

ただ聞いててくれるだけでいいのに、男性には聞くに堪えない話です。

 

思春期の子ども達に大切なのは、ネガティブな感情を受け入れることです。

ネガティブだろうと、本来感情に良いも悪いもありません。

自分のネガティブを受け入れることで、他人の気持ちに寄り添うことができます。

 

感情は、何かしらの行動の結果として、湧いてきたものです。

アクシデントでネガティブな感情になる時だってあります。

ネガティブは、幸せになるためのヒントだと思えばいいでしょう。

 

現代社会は、子どもは偏差値、大人は仕事の成果、と成果を求める社会です。

男性は、会社・年収と仕事の成果で評価されることに安心感を求めます。

女性は、マイホーム・衣服・子ども・学校 持っているもので比べたがります。

 

人生の目的は『幸せになる』ことです。

 

人と人を結ぶ一番強いものは、愛情です。

愛情で結ばれた関わりの中で生きていくことが、一番の幸せです。

愛情で結ばれた幸せは、人を感動させます。

 

 

人間が独りだけで時間を使うようにはできていません。

人は進化の過程で高い共感力を手に入れることができました。

そして他者の中に自分を見るようになり、他者の目で自分を定義するようになりました。

 

独りでいても、恋人や家族、親しい仲間のことを考えるし、影響されます。

人は自分を他人と重ね合わせながら、その時を生きているのです。

 

つまり、幸福は仲間とともに感じるものなのです。

信頼はお金や言葉ではなく、ともに生きた時間によって強められるのです。

 

子ども達は、学習塾に習い事、受験と偏差値のなかで効率的な時間のなかで生きています。

友だちを思いやる時間を増やすことで、友達と幸せを分かち合ってほしい。

ストレスは一緒に寄り添う時間が解消してくれるのです。

 

 

大切なのは、どうしたら『幸せ』な気持ちになれるのか?ということです。

行動を変えたら、湧き上がる感情も変わるかもしれません。

自分の感情を手掛かりに、行動を変えていくことが必要です。