· 

5つの約束

活動に入る前には、必ずグランドルールを守ることを約束してもらいます。

約束を守ってくれるなら、約束の中で自由に楽しむことができます。

守れないなら、一緒に活動することはできません。

 

自由だから何をしてもOKだ! ではありません。

そもそも、自由はルールの中にあるのです。

みんなが気持ちよく一緒にいられるルールを守るから自由なのです。

 

ルールは活動中に生徒が「自分の行動を内省する」道具として使います。

 

私たちのグランドルールは5つあります。

  • 本気で 
  • みんなで
  • 安全に
  • 話す
  • 聴く

活動中、ファシリテーターは生徒たちにルールを投げかけます。

 

「それって、みんなと一緒にやっている?」

「安全にやってよ!」

「みんな! ほら、彼女の意見を聴こうよ!」

 

投げかけられることで、自然とルールに注意が向くようにしています。

 

どんな生徒も内省する力はあります。

 

 

 

太平洋の島国 パラオ の話を紹介しましょう。 

 

太平洋戦争の頃は日本が統治していました。

日本人は、『年長者を敬い、勤勉』を厳しく教育しました。

 

ところが、戦後、アメリカが統治しました。

戦争終結したばかりなので、パラオの人々は着の身着のままでした。

それを見たアメリカ人は、土人レベルだと勘違いします。

 

そして、援助と自由を持ち込みました。

 

援助は考えることをやめさせました。

 

ルールのない自由は、無秩序を産みました。

 

あれだけ日本人に道徳教育をうけたパラオの人々は変わりました。

 

大切なことは、秩序のあるところに、自由がある。

最低限守らなければならないルールの中に、自由があります。

 

日本で言えば、お天道様が見ている。

 

海外でいけば、キリスト教やイスラム教、などの宗教です。

 

援助は考える力を弱くします。

 

援助のあるところに、工夫はない。

 

自由になれば、物もお金も増える? そんなことはありません。

 

本当の自由は、お金や物に縛られない。

 

日々の生活を大切に、世の中に感謝し、貢献する。

 

それはとても厳しい日常です。

 

甘えが出れば、お金も欲しくなります。仕事も欲しくなります。

 

欲しい気持ちが強くなればなるほど、苦しくなります。

 

世の中の役に立つことを考え、積み重ねる

 

お金も仕事も、後からついてくる。

 

日々の暮らしを憂い、悩むことはやめて

 

目の前のことを積み重ねる。