· 

たった1日の活動で

活力みなぎる学級は、生徒同士の信頼関係という基礎の上にできます。

アドベンチャープログラムは、春の遠足などで実施すれば、たった1日で学級の信頼関係の基礎を作ることができます。閉会式で生徒の前に立てば、全員が顔を上げ、目を合わせて話ができることの嬉しさを実感できます。

 

たった1日で信頼関係を作る方法は、本能を揺さぶる冒険活動だからです。人は困難に直面すると助け合います。自然災害が発生すれば、見知らぬ人同士でも情報を交換し、お互いを気遣い助け合う、これは本能なのです。

 

私達が活動する冒険ゲームは、決して1人では達成できず、助け合っても難しい、難しいから楽しくて、いつの間にか本気になります。

 

課題を達成した時には、大歓声が起き、ハイタッチがはじまり、自然と周りの仲間と話し始め、喜びを分かち合う光景が見られます。

 

この時、心の底から湧き上がエネルギーが信頼関係の土台です。