· 

プログラムの効果

私たちがやろうとしているのは、映画版のび太の〇〇〇大冒険です。

 

目指すのは、どんな子でもその個性を輝かせて大活躍できる冒険です。

 

ワクワク・ドキドキな冒険体験から、理想の学級のあり方を学びます。 

 

・自己中で暴力的なガキ大将、いざとなったら頼れる男  ジャイアン

・ナルシストで意地悪、嫌味なやつ、マザコンのスネ夫

・勉強ができ、まじめで優しく、しっかり者のしずかちゃん

 

のび太は、勉強も運動もダメ、やればできるのにいつも三日坊主。でも、生き物を思いやる優しさと、仲間のために危険を顧みない勇気を秘めています。

 

 

わが子が通う学校に当てはめると、「ジャイアンとスネ夫とは一緒に遊んでほしくないなぁ・・」と思いますよね。 

 

でも私たちが目指すものは、ジャイアンとスネ夫を指導し、矯正することではありません。

 

学級のために、彼らの力を発揮してほしいと考え、彼らの心に働き掛けていきます。

 

 

それに、ちょっと想像してみて下さい。

 

もし、できすぎ君、しずかちゃん、のび太だけだったら、何てつまらない学級でしょう。

 

そつなく何でもできるけど、まあまあの出来映えで、面白みも爆発力も感じない学級です。

 

 

 

みんなで協力して、困難な課題を成し遂げることの楽しさに気づいてほしいのです。

 

そして達成感に心を燃やし、自らを突き動かすエネルギーを感じて欲しいのです。

 

 

 

『プロジェクト・アドベンチャーという冒険を通して、お互いの個性を認め合うこと を目指します。

 

  • のび太の生き物への愛情は、仲間を冒険に駆り立てる動機付けとなります。
  • 尻込みするほどの恐怖は、ジャイアンの男気に火をつけます。
  • すぐに弱気になるのび太を勇気づけるのは、しずかちゃんのやさしさです。
  • 仲間の頑張り姿が、スネ夫の心に火をつけて、得意のラジコンで仲間を救います。

 

冒険では、仲間と協力する・仲間に貢献するという 心のあり方 が求められます。

 

感受性豊かな中学生・高校生に、冒険という困難な課題を与えます。

 

仲間と協力して一緒に課題を達成した時の感動・驚き・歓喜は心を熱くしてくれます。

 

それが自らを内側から突き動かすエネルギーとなります。

 

これこそが、自らの手で未来を切り開くエネルギ―なのです。

 

勉強や運動だけでは育むことが難しい、生きる力です。