· 

白雪姫 狩人は誰だ?

命の危険を感じた白雪姫 お城からあわてて逃げ出します。

 

すると 継母は狩人を呼びつけ 命じるのです。

 

「白雪姫を殺し、証拠として心臓を持って帰るように!」

 

お城を飛び出した狩人は、程なくして、白雪姫を捕まえます。

 

「狩人さん どうか命だけは・・助けてください・・」

「二度とお城には、戻りませんから・・」

 

白雪姫があまりに美しくて、かわいそうになった狩人は白雪姫を逃がしてあげます。

 

代わりに、猪の子供を殺し、心臓を持ち帰ることにしました。

 

そして、継母に猪の心臓を渡しました。

 

さて、この狩人は誰なんでしょうか?

 

その答えの前に、

 

この場面で、私はこんなことを思いました。

 

白雪姫は、お城を出たから、王子様と結婚できたのです。

 

つまり、家を出たから、結婚できたのです。

 

私の仲間に、年頃の女性が2人います。

そのうちの一人が、先月結婚しました。

 

その話題で盛り上がっていると、

結婚した情勢が、もう一人の女性に、こういったんです。

 

「○○も家を出て、ひとり暮らしをしないと結婚できないよ!」

 

この言葉を聞いた途端、この場面を思い出しました。!!

 

そうか、女性は家を出るから、結婚にすすめるのかな?

 

色々と彼女に聞いてみると

 

「一人で暮らすことは、精神的・経済的に自立する」

 

「特に、自分で全てのことを決断することは、大切だと思う」

 

 

パートナーは自分に見合った人が現れる、としたら

 

 

自分自身が自立し、自分を磨くことが必要だろう。

 

とはいえ、もし高校生になる自分の娘が、

 

「一人暮らしをしたい!」 と言ってきたらどうしよう

 

寂しくなるし、心配だし、悩んじゃうだろうな・・・

 

でも、子離れしないといけないしなぁ・・ 

 

もしかしたら、母親よりも落ち込むだろうな

 

意外と母親の方が、さっぱりしていそうですよね

 

もしかしたら、この狩人のように

 

娘の後を追いかけてしまうかもしれない。

 

ということで 狩人は、お父さん」なのだと思います。