· 

白雪姫 魔法の鏡とは

黒檀のような黒髪、 雪のように白い肌、 血のように赤い唇

そんな美しい女の子が 白雪姫です。

本当のお母あんが死んでしまいました。

継母がやってきます

 

そう 「世界で一番美しいのは、だ~れ?」と聞くのは、継母です。

 

女性は、どうしてお化粧をするのでしょう?

 

残念ながら、彼氏のためではありません。

 

見られている!と意識しているからですね。

 

男性はどうかというと、私は1日3~4回ぐらい。

寝くせの確認 ひげ剃りの確認 ぐらいのもので 

あとは、鏡があったから覗いてみた という感じです。

 

女性は、母であっても、女の一面もしっかり持っています。

 

年を重ねても、女 なのです。

 

つまり の2面性=魔法の鏡 です。

 

 

女性は 母と女の2面性をコロコロ変えながら

 

子育てをしていきます。

 

そんな意味を表しているのが、この場面です。