· 

白雪姫 小人たちとの出会い

さあ、狩人から逃げ延びた白雪姫

真っ暗な森の中を、さまよいます。

 

すると、森の奥に、小さな明かりを見つけました。

歩いていくと、そこには小さな可愛らしい家がありました。

 

そう 小人の家です。

 

世の中に出れば、だれもが不安で仕方がありません。

 

今までは、親が寄り添っていてくれましたが

社会に出た以上、すべては自分でなんとかしないと

誰だって、不安で泣き出しそうになるでしょう。

 

まさに白雪姫がさまよっていた、真っ暗な森のようです。

 

でも、必ず光は見えてきます。

必ず、誰にでも光はさします。

 

家に入ると、7人分の食卓 7人分のベット クラッカー

どれもこれも、可愛らしい、すべて7人分でした。

 

白雪姫は、1つづつのお皿から、少しづつもらい

ご飯を食べると、小さなベットに寝てしまいます。

 

そこに、小人たちは帰ってきます。

何か変だと気づいた小人たちは騒ぎます。

 

俺のパンを食べた奴がいる

俺のベットに座った奴がいる

俺のベットに誰か寝ているぞ!

 

起きた白雪姫と小人たちが話し合います。

 

私 行くところがないの・・・

 

家の仕事をしてくれるなら、この家にいてもいいよ

 

こうして、一緒に暮らすことになりました。

こびとの職業は、金鉱の鉱山で採掘をしています。

まさに お金を稼いでいるのです。

 

そして、女性の白雪姫は、家事をします。

 

 

世の中に出るとは、働かなければなりません。

 

働くとは、世の中の役に立つこと。

 

世の中とは、社会という大きな意味でなく

 

周りの人の役に立つ、ということです。

 

ところで、どうして小人なのでしょう

 

小人 と単語を聞いた時、男ですか? 女ですか?

 

小人とは、男でも女でもない 中性の存在です。

 

つまり、世の中の人 を総称しているんです。

 

現代の世の中で考えれば、会社 です

 

同僚は、性の意識を感じない中性の存在です。

 

そこで、みんなの役に立つ仕事をする。

 

これが、小人の家でクラスことの意味だと思います。