たった1日で、クラスが1つにまとまるきっかけをつくる

 

 

人は誰でも自分を守るために心に壁を作ります。

 

クラスの中に、乱暴で自己中な生徒、話の腰をおる生徒、内気で一言もしゃべらない生徒、気になる生徒はどこにでもいます。

 

気になる生徒思い浮かべると、たった1日で学級が1つにまとまることはないと思うことでしょう。

 

私たちは、彼らを指導することはしません。

 

私達は彼らの心に働きかけ続けます。

 

君達の力をみんなのために発揮してほしい

 

ではどうやって働きかけるのか?

 

2つの本能を揺さぶるります。

 

1つ目は「困難に直面した時、人は助け合う」、2つ目は「人は自分が大事にされていると感じると、心の壁は下がります

 

実生活で例えるなら、自然災害が起こった時の避難所です。人々は自発的にお互いを気遣い、肩を寄せ合い、助け合います。

 

 

 子ども達への課題は、大人でも難しいレベルです。

 

アイデアを出し合い、タイミングを揃え、掛け声合わせ、体を支え合わなければなりません。

 

しかも、輪から外れたがる仲間を励まし、協力をお願いし、参加してもらわなければなりません。

 

 

「危ない!」パッと手が出て、仲間を支える。そして『ありがとう』と伝える

 

体と心でけあう経験を積み重ねることで、人は仲間を信用していきます。

 

冒険の難易度が高いほどに、達成した時の喜びは大きくなり、信頼感も大きいものになります。

 

逆に本気で取り組むほどに、イライラ・ムカムカ、時には口喧嘩になることもあるでしょう。

 

対立が起きるのは、力の向きがバラバラだからです。チームの目標は同じでも、自分の理想から離れればイライラも大きくなります。

 

小さな成功体験を積み上げ、力の向きが揃っていけば、爆発的な力に変わり、無理難問も達成できます。

 

対立が大きいほど、達成した時は大歓声が上がり、感動で笑顔のハイタッチをします。そして仲間への感謝と信頼が大きく湧きあがります。

 

 

こうして作られた信頼関係が、学級づくりの土台となります。

 

信頼関係により「心が安心」になると、仲間の声が心に響くようになります。周りの言葉に耳を傾け、気づき・学びが生まれます。

 

生徒はコミュニケーションするたびに、お互いに刺激し合い、どんどん成長していきます。生徒1人1人が学びの素材となるということです。